mcrash

jiffies

書式

usage: jiffies [jiffies]

説明

jiffiesは、Linuxカーネルが起動してから一定時間ごとに発生する タイマ割り込みでインクリメントされる変数です。 そして、Linuxカーネル内のさまざまなタイマ処理に、このjiffiesが使われています。

いわゆるPCでは10msごとにタイマ割り込みが発生しますので、 jiffiesを100で割ればカーネルを起動してから経過した秒数が分かります。 ただし、jiffiesは unsigned long 型であり、x86ではこれは32ビットですから、 約497日経過するとゼロに戻ります。

例外として、 Red Hat 7.3 と Red Hat 8.0 の i686/Athlon カーネルは HZ=512 で動作します。 この場合、jiffies は約97日で一周します (もし、数ヵ月ごとにpsの結果がおかしくなることに悩まされているなら、 このjiffiesのオーバーフローを疑ってみて下さい。ただし、対処方はないかも)。 なお、Red Hat 9 ではこのようなことはなく、CPUタイプに関わらずHZ=100です。 また、i386系以外のCPUではHZの値はそれぞれで異なります。 さらに、Linux-2.6では様々な変更が加えられています。

引数無しでjiffiesを実行すると、現在の値を日時分秒の形式で出力します。 引数でjiffiesの値を指定すると、その値と現在時刻との差分を出力します。

実行例

> iffies 
 JIFFIES      DAY HH:MM:SS.mmm
 53dc1d9      10d 04:15:34.010       (HZ=100)
> jiffies 53ecfdc
 JIFFIES      DAY HH:MM:SS.mmm
 53dc26f      10d 04:15:35.510       (HZ=100)
 53ecfdc      10d 04:27:05.240     +  0d 00:11:29.730

mcrash, Copyright (C) 2003 ASANO Masahiro